akira のすべての投稿

蛭子さんが答える!小さなズレを修正することの重要性

家族間のプライバシーは難しい

競艇好きの蛭子さんが自分の著書『笑われる勇気』の読者さんからの質問に答える企画が大反響です。

今回の読者さんは家族間のプライバシーについて悩んでいるそうです。

【Q】「主人の両親は、私の家のカギを持っていて、留守でも勝手に家に上がり込みます。親子でもプライバシーがあるはず。このままだといつかキレそうです。どうかこの問題を解決してください」(ミエッペさん・45・パート・大阪府)

結婚したときの相手方の両親との付き合い方って難しいですよね。

この読者さんのように、自分の家に勝手に入られることに悩んでいる方も結構いると思います。

蛭子さんはこの相談にどのように答えるのでしょうか。

【A】「競艇と同じく、大負けする前に小さなズレを修正する必要あり」(蛭子能収)

どんなときでも競艇のことを忘れない蛭子さんが大好きです。

この場合の大負けとは、両親や旦那さんとの大ゲンカということでしょう。

さらに蛭子さんはこんなアドバイスもしています。

旦那さんを口説くしかありませんね。「あなたとの時間を大切にしたいから」とか夫を立てながら、まずはカギを返してもらったほうがいいですよ。

蛭子さんにしては、まともなアドバイスではないでしょうか。

まずは旦那さんと相談して、大事になる前に何とかするということですね。

結婚していて、同じように家族間の微妙な関係で悩んでいる方は参考にしてみてください。

競艇でも微妙なズレの修正が大切

お金

競艇でも微妙なズレの修正は大切です。

ギャンブルで大負けするときのパターンとして、負けが続くと悔しい気持ちからどんどん冷静さを失っていってしまうときがあります。

競艇はコンマ1秒以下のレースタイムを競う繊細な競技です。

予想もいろいろな要素を考慮にいれた緻密なものでないと的中させることはできません。

はじめに的中しなかったときは小さなズレだったはずです。

小さなズレが重なって、全く的外れな予想をする前に一度落ち着きましょう。

どこが悪いのかを考えて、少しずつ修正していくことによって的中の勘を取り戻すことができるはずです。

蛭子さんが言っているのはこういう事だと思います。

今回は家族間の問題や競艇の話でしたが、この小さなズレを地道に修正していくという考え方はなんにでも当てはまると思います。

仕事がうまくいかないときや、失敗が続いているときは蛭子さんの言葉を思い出してみてください。

参考:女性自身

蛭子さんと近藤サトさんが対談したそうです

自由とお金が大切

今年50歳を迎えるアナウンサーの近藤サトさん(49)が蛭子さんと対談したそうです。

近藤さんはフジテレビで報道番組や情報番組、バラエティ番組に出演していたベテランアナウンサーです。

現在では、フリーランスとして活動する傍ら、日本大学藝術学部放送学科特任教授(非常勤)としてアナウンス実習、朗読、卒業研究指導を担当しています。

「人生で大切なのは自由とお金」と言い切る蛭子能収さん(70)との異色の対談後、2人が悩み持ち寄り、“お互い”ゆるゆる人生相談が実現した。近藤が、蛭子の相談に答える!

蛭子さんのモットーは『人生で大切なのは自由とお金』。

私もそう思います。

お金を稼ぐためには仕事をしなくてはいけません。

よく聞くのが「稼いだお金を使う時間がない」という言葉ですね。

お金持ちになればなるほど、自由に使える時間は減るみたいです。

大切なのは、自分にとって丁度いいお金と自由のバランスのとれた仕事をすることですね。

蛭子さんが求めている自由は私たちが考えているよりも、かなり自由なような気もします。

競艇は1年を通して、ほぼ毎日、朝から夜までレースが行われているので、自由に使える時間とお金さえあれば、無限に遊び続けることができますから.

お小遣いが減って悲しい蛭子さん

蛭子さんと近藤さんの対談の中でこんなやりとりがあったっみたいです。

【Q】「最近、女房から小遣いを減らされて、競艇で思い切った勝負ができません。いつかは大勝ちするかもしれないし、できたら小遣いを上げてほしいのですが?」(蛭子能収)

【A】「蛭子さんにお金を渡すのは、ドブに捨てるのと一緒」(近藤サト)

小遣いを減らされるのは誰でも辛いですよね。

蛭子さんらしい悩みでかわいいです。

「ドブに捨てる」と一蹴されちゃってるのがかわいそうですね。

実際、蛭子さんは競艇ですでに1億円以上負けてしまっているそうです。

さすがにここからプラス収支にもっていくのは難しそう。

でも、楽しそうに競艇をしている蛭子さんを見れなくなるのは残念です。

ファンクラブとか作ったらいいのかもしれませんね。

競艇好きや蛭子さん好きからお金を集めて、蛭子さんが競艇をする、みたいな感じで。

競艇で思い切った勝負ができるような金額が集まるかどうかはわかりませんが、お小遣いの足しにはなると思いますよ?

参考:女性自身

「蛭子さんが愛を語る」について語る

参考:女性自身

蛭子さんが、自身が刊行した本の読者さんからの質問に答えた面白い記事を紹介したいと思います。

蛭子さんにとって『愛』とは?

読者さんからの「『』とはなんですか?」という質問に、蛭子さんは以下のように答えたみたいです。

オレは「好き」も「愛している」も同じくらいの気持ちだと思っていたから、いきなり「愛とは?」と聞かれると迷いますね。

家に帰って女房がいたら「あ〜この人がおってよかった」と思えることが、愛なのかもしれませんね。

女房が出かけて2日間帰ってこなくて、寂しいなと思ったら、それも愛なんでしょうね。

なにか手伝いをしても小遣いが増えるわけでもありません。

どちらかというと怒られてばかりですが、女房と喫茶店でコーヒーを飲んでいるだけで楽しいことも。

これも愛ですかね。

『好き』も『愛してる』も同じくらいの気持ちというのは蛭子さんならではですね。

普通の人は『好き』より『愛してる』の方が重たい感じの印象を持っていると思います。

好き=like』『愛してる=love』みたいな?

好きって言うのは簡単だけど、愛してるを伝えるのは難しいですよね。

奥さんと2日間会えないと寂しいと感じることが愛、っていうのはハッとさせられました。

『愛』は普段生活しているときはなかなか感じることができないものなのかもしれません。

この文章からは、蛭子さんの奥さんへの愛(蛭子さん的には好きっていう気持ち)が伝わってきて、思わずほっこりしちゃいますね。

蛭子さんは奥さんより競艇好き?

競艇好きで有名な蛭子さんは奥さんよりも競艇の方が好きなんでしょうか?

蛭子さんは読者さんからの質問にこう答えています。

競艇で考えてみたら、競艇場に行って、ボートのエンジンを聞くと「あ〜来てよかった」と思うし、競艇場に1週間も行かないと、すごく寂しいです。

どちらかというと連戦連敗で、涙が出てくるほど情けない気持ちにさせられるけど、時に勝たせてくれます。

寝ても覚めても競艇のことばかり考えているし、死ぬんだったら、競艇場で大勝ちした瞬間に死ぬのもいいですね。

オレはやっぱり女房より競艇を愛しているんだ。

実に蛭子さんらしいと思いませんか?

私も競艇好きなので、ボートのエンジンの音を聞くと落ち着く気持ちはとても分かります。

インターネットでも舟券の購入や、レースのライブ中継を見ることはできるのですが、やっぱり生の競艇場は違いますね。

蛭子さんに競艇場で大勝してほしいんですが、まだまだ生きていてほしいので、複雑な気持ちです。

最後に、私は蛭子さんは実は奥さんのことも結構愛してると思ってます。

そうでなければ、「一緒にコーヒーを飲んでいるだけで楽しい」なんて言えないですよね。