【競艇好きの蛭子さんが答える】インスタ自慢に嫉妬?

蛭子さんがインスタ自慢をぶった斬る

スマホの画面

競艇好きの蛭子さんが、自身の著書の読者からの相談に答えるコーターが話題沸騰中です。

今回のテーマは『インスタ自慢』について。

【Q】「会社の女子の先輩のインスタグラムが『何を食べた』とか『彼氏と何している』など幸せ自慢ばかり。はっきり言ってウザい! でも、嫉妬している自分が嫌になります」(半分、黒い。さん・24・OL・神奈川県)

【A】「剛力彩芽さんは想像力がないので競艇には向いていない」(蛭子能収)

いつも通り、質問と回答がかみ合っていない気がしますが、それは置いておきましょう。

インスタでの幸せ自慢をする人って多いですよね。

相談者さんはきっと、今は幸せな状況じゃないんでしょうね。

蛭子さんは「やっかみや嫉妬は人として当たり前の感情」と言っています。

寛大な蛭子さんらしい発言ですよね。

なので、何かいいことがあっても自分の中にとどめておくことがポイントだそうです。

芸能人歴31年の蛭子さんが言うのですから、間違いはなさそうですね。

競艇には想像力が大切

空

蛭子さんと言えば競艇の話。

女優の剛力彩芽さんがインスタで彼氏とのサッカー自慢をしたことに対して、蛭子さんは、

そもそも彼女はそんな自慢話をして、批判されることが想像できなかったんですかね。競艇では「本命がコケたらどうしようか」など、想像して舟券を買います。つまり想像力が大事。剛力さんは、競艇では勝てないと思いますよ。といっても、いろいろ想像しているオレも負け続きですけどね。ま、いっか!

というコメントをしています。

女優という職業柄、彼氏との幸せな様子を見て悲しい気持ちになる男性は多かったのではないでしょうか。

仕事として女優をやっている以上は、プライベートにも気をつけるべきだということですね。

ファンの男性の気持ちを想像できなかったことが一番の問題なのかもしれません。

競艇でも想像力は大切です。

蛭子さんは「本命がコケたらどうしようか」などを想像しながら競艇を楽しんでいるようですが、その想像は舟券に活かせているのでしょうか?

勝つために本当に大切なことは、想像したことに対して行動を起こすことだと思います。

本命がコケる可能性があるなら、あえて穴勝負にするとか、そのレースは舟券を買わないとか、いろいろな対処方法が考えられますよね。

でも、蛭子さんは負けても楽しそうなので、まぁいいかなと思いました。

参考:livedoorニュース